熱海の土砂崩れはメガソーラーが原因?!韓国業者の真相や因果関係について

熱海の土砂崩れはメガソーラーが原因?!韓国業者の真相や因果関係について

2021年7月3日に静岡県熱海市の伊豆山で、大規模な土石流による土砂災害が発生しました。

土砂崩れの起こった翌日の7月4日に、静岡県が

  • 土石流災害起点の盛土が全て流出

と発表したことで物議を醸しています。

というのも、土砂崩れの起点となった箇所に隣接して、メガソーラー発電所が設置されていたからです。

そこで今回は

  • 熱海の土砂崩れ災害はメガソーラーが原因?
  • 熱海のメガソーラー業者は韓国の会社って本当?
  • メガソーラー業者はどこ?

以上のことについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

静岡県熱海市で大規模な土石流災害が発生

https://todayroom.net/atami-debris-flow-210703/

画像引用元:Abematv

2021年7月3日静岡県熱海市で、梅雨前線の影響で東海や関東を中心に非常に激しい雨が降り、午前10時半ごろに大規模な土石流が発生する災害が起きました。

現場付近の住人からのこちらの動画からは、その土石流災害の被害の甚大さがまざまざと伝わってきます。

この土砂崩れで家屋10棟以上が流されており、現在約20名の安否が確認されておらず、2名の死亡が確認されています。

熱海の土砂崩れはメガソーラー原因?!

熱海の土砂崩れはメガソーラーが原因?!韓国業者の真相や因果関係について

画像引用元:Yahoo!地図 土石流発生現場付近にはメガソーラー発電所が

この大規模な土砂崩れを受け、衆議院議員の細野豪志氏が

  • 土石流とメガソーラーとに関連がなかったか調査が必要

とTwitterで発信したことで、今回の土石流災害とメガソーラー発電との因果関係に注目が集まっています。

細野豪志氏は、メガソーラー開発を阻止するために活動していることを述べ

  • 伊豆半島にはかなりのメガソーラーがある(計画含む)
  • 熱海市に隣接する函南町でもメガソーラー計画がある
  • メガソーラーとの関連について調査が必要

と意見しています。

熱海の土砂崩れ現場はハザードマップの特別警戒区域

メガソーラーとの因果関係の前に、熱海市の土砂災害現場について確認していきましょう。

熱海の土砂崩れの現場は静岡県熱海市の伊豆山で発生しました。

海岸から山地に広がっている伊豆山は『温泉』で有名で、源泉で満たされた洞窟があることで有名な『走り湯神社』などでも知られています。

土砂崩れ現場は急傾斜地警戒区域や土砂崩れ特別警戒区域

一見のどかな温泉街に思える伊豆山周辺ですが、実際には

  • ハザードマップの特別警戒区域

に含まれており、もともと土砂崩れの危険性のある地域でした。

熱海の土砂崩れはメガソーラーが原因?!韓国業者の真相や因果関係について

熱海土石流災害現場とハザードマップの比較

熱海の土砂崩れはメガソーラーが原因?!韓国業者の真相や因果関係について

熱海土石流災害現場とハザードマップの比較

熱海の土砂崩れはメガソーラーが原因?!韓国業者の真相や因果関係について

これらの図解からは

  • 熱海市の土石流が発生した起点は、もともと急傾斜地の崩壊危険箇所
  • 土石流が流れた範囲は、土石流警戒区域

だったということが分かります。

実際にTwitterでは『もともと土砂災害の警戒区域だった』という意見もあがっています。

土砂崩れとメガソーラーの因果関係

熱海の土石流発生現場は、もともとハザードマップでも警戒区域に含まれていましたが、発生箇所の付近では大規模なメガソーラー発電があったのも事実です。

メガソーラー発電所と土石流の因果関係はあるのでしょうか?

静岡県の発表した見解によると

  • 開発の影響は正直に言ってあると思う

と述べています。

静岡県の難波喬司副知事は4日、熱海市の土石流の被災現場を視察後、土石流の発生と逢初(あいぞめ)川上流部の山林開発との関係について「開発の影響は正直に言ってあると思う。現場で見ているので、原因はかなり分かってきている」と述べた。
引用:毎日新聞

静岡県の難波喬司副知事は、7月4日の取材に対して

  • 土石流の発生と逢初(あいぞめ)川上流部の山林開発との関係があると思う

と述べており、直接的にメガソーラーとは発言していませんが、何かしらの影響があったものと見解を示しています。

また衆議院議員の細野豪志議員も、メガソーラーとの関係性について言及しています。

熱海の土砂崩れ現場のメガソーラー業者は韓国企業のハンファエナジージャパン?

では、熱海の土石流発生現場付近のメガソーラー業者は一体どこなのでしょうか?

ネット上ではすでにある企業の名前が挙げられています。

その企業名は『ハンファエナジージャパン株式会社』という太陽光発電の企業です。

  • ハンファエナジージャパン株式会社
  • 創立:2013年10月1日
  • 代表者:キム・イルス
  • 資本金:11億10万円
  • 所在地:東京都港区芝4-10-1 ハンファビル9F

ですが、『ハンファエナジージャパン』は、今回の熱海市の土砂災害現場近くのメガソーラー発電業者ではないようです。

スポンサーリンク

ハンファエナジージャパンは伊東市のメガソーラー業者

ハンファエナジージャパンは、静岡県伊東市で訴訟問題にもなっているメガソーラー企業であり、熱海市の土砂災害現場付近のメガソーラー開発業者とは異なっているとの情報です。

熱海の土砂災害現場近くのメガソーラー開発業者については、現在公表されていません

今後、原因究明が進んでいく中で明らかになっていくかとおもいますので、随時情報を更新します。

熱海市の土砂崩れ災害に対するみんなの声

熱海市で起こった土砂災害の行方不明者が一日でも早く見つかり、被害に合われた方ももとの生活に戻れるといいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です