廣中璃梨佳の両親や経歴は?重度の貧血の病気を克服した怪物ランナー

2020年11月22日に開催されるクイーンズ駅伝2020の注目選手である廣中璃梨佳選手

廣中選手といえば、東京オリンピックの女子5000m参加標準記録突破者でもあり、今最も注目されている選手です。

そんな廣中選手は一体どんなご両親のもとで育って、どんな経歴を持っているのでしょうか?

もしかしたら廣中選手の強さの秘密も見えてくるかもしれません!

今回はそんな廣中選手の家族や経歴、また病気の噂について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

廣中璃梨佳プロフィール

まずは廣中璃梨佳選手のプロフィールを見ていきましょう!

廣中璃梨佳

出典:BBMスポーツ

名 前:廣中 璃梨佳(ひろなか りりか)
誕生日:2000年11月24日
年 齢:19歳(2020年11月22日現在)
身 長:163cm
体 重:46kg
出身地:長崎県大村市
出身中学:大村市立桜が原中学校
出身高校:長崎市立長崎商業高等学校

廣中選手は長崎県大村市出身で今年20歳になる若手ランナーのホープです。

廣中璃梨佳の両親は?

廣中選手の両親について調べてみましたが、わずかな情報しかありませんでした。分かったことは

・母親が長距離の元陸上選手で、廣中選手とよく一緒に走っていた。

・廣中選手が出場する試合には毎回両親が応援に来てくれる。

・応援の際に、父親からは『自分の背中を(ほかの選手に)見せつけてやれ!』と檄を飛ばしてもらっており、それが廣中選手の力になっている。

廣中選手の母親が元陸上選手だった影響なのか、廣中選手は中学時代から陸上を始めています。

ジョギング

母親と廣中選手はよく一緒に走っていたそうで、その影響で廣中選手も長距離を目指すようになっていったそうです。

また、ご両親は試合に毎回応援に来てくれるそうで、そこでいつも廣中選手を励ましてくれているそうです。

特に父親からの、背中を押してくれるような応援を受けると、廣中選手の中で闘志がみなぎってくるようです。

廣中選手の強さの秘訣の一つに、ご両親の支えや応援があると言えますね!

廣中璃梨佳の経歴は?中学時代から陸上を始める。

廣中璃梨佳選手の経歴を見ていきましょう!

自己ベスト

1500m 4分16秒48

3000m 8分52秒80(日本歴代9位)

5000m 14分59秒37(日本歴代3位

 

経歴

2019年 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会 長崎県代表 第1区区間賞

2020年 全日本実業団対抗陸上競技選手権

女子ジュニア3,000m 総合第1位
女子5,000m 総合第3位(日本人2位)

廣中選手の出身中学である桜が原中学は駅伝が盛んな中学で、廣中選手は中学校に入ってから本格的に陸上を始めました。

中学3年生の終わりまでは『強くはなかった』と本人は言っており、その言葉通り、中学3年生の全国大会ではライバルに大差をつけられていました。

しかし、県の中学駅伝で区間賞を獲得した事で、正月に開催される全国所駅伝のメンバーに抜擢。その大会では初出場にも関わらず区間賞を獲得しました。

それからの廣中選手の活躍は目覚ましく、「2位の学校を私の力で勝たせたかったんです。」といって入学した長崎商業高校時代には、強豪の諫早高校を下し、チームを優勝へと導いています

高校卒業後は大学へ進学せず、日本郵政へと入社。

廣中選手は高校卒業後は日本郵政へ入社しました。

日本郵政女子陸上部

出典:日本郵政女子陸上部公式HP

日本郵政の女子陸上部は2013年創部と、まだ間もないですが、2019年のクイーンズ駅伝で優勝しており、2020年のクイーンズ駅伝でも注目のチームです。

スポンサーリンク

廣中璃梨佳の病気とは重度の貧血!?

高校時代にはチームを優勝へ導いたり、東京オリンピックの参加標準記録も突破している実力を持つ廣中選手ですが、病気の噂もありましたので、調べてみました。

・廣中選手は中学時代に重度の貧血の病気だった

廣中選手は中学2年の秋頃から約半年もの間、重度の貧血に苦しんでいたそうです。

陸上

その病状は、赤血球の数値に異常をきたしていたようです。赤血球の数値を平常値に戻すために、約半年の間は陸上が思うようにできず、治療に専念していたため、その経験から走ることに対しての強い渇望が今でも残っているそうです。

日本郵政の早瀬浩二コーチによると、廣中選手の場合は休みの日でも走ってしまうので、どうにか休ませる為に苦労したほどだそうです。

廣中選手の陸上にかける熱い思いは、病気で思うように陸上ができなかった経験も影響しているようですね!

ですが今は貧血も克服されたそうですので、思う存分、走って欲しいですね!

廣中璃梨佳の両親や経歴は?重度の貧血の病気を克服した怪物ランナー まとめ

今回は女子陸上の注目選手である廣中璃梨佳選手の両親や経歴、病気の過去について調べていきました。

・廣中選手の母親は元両距離の陸上選手

・両親は必ず試合の応援に来てくれ、父親が檄を飛ばしてくれる

・高校時代はチームを優勝に導いた

・中学時代に重度の貧血で半年間ほど治療に専念していた過去があった

以上のことが分かりました!

廣中選手はまだ20歳ですので、東京オリンピックだけでなく、今後の活躍がとても楽しみな選手ですね!

クイーンズ駅伝でも廣中選手の活躍を楽しみにしています!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です