福島県いわき市化学工場火災現場はどこ?爆発の原因や被害状況についても!

福島県いわき市化学工場火災現場はどこ?爆発の原因や被害状況についても!

2021年5月11日の午前7時40分頃に、福島県いわき市内の化学工場で爆発を伴う火災が発生しました。

この火災によって、少なくとも男性4人が怪我をしており、病院に搬送されたとう言うことです。

今回はこの工場爆発が起こった現場がどこなのか、被害状況等についても調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

福島県いわき市の「堺化学工業湯本工場」で爆発・火災が発生

爆発を伴う火災が発生したのは、

福島県いわき市常磐岩ヶ岡町の「堺化学工業湯本工場」

です。

周辺住民による証言がこちらです。

ーー付近の住民の話では、3キロほど離れた自宅からも爆発音が聞こえ地響きのようなものが鳴ったという。
出典:福島中央テレビ

現場の堺化学工業湯本工場から3キロ離れているにも関わらず、爆発音や地響きが聞こえたということですので、結構大きな爆発だったことが分かります。

堺化学工業湯本工場はのどかな田園地帯の中にある工場で、工場周辺には

・クリナップ㈱湯本工場

・エムシー・ファーティコム㈱小名浜工場

・常磐線上野東京ライン

などがあります。

川や線路を挟んだ北西側には、住宅地も広がっており、周辺へ被害が広がらないかも不安なところです。

「堺化学工業湯本工場」の爆発・火災による被害状況

福島県いわき市化学工場火災現場はどこ?爆発の原因や被害状況についても!

画像引用元:Twitter

福島県いわき市の「堺化学工業湯本工場」の爆発火災による現在の被害状況は

協力会社の男性4人が怪我

をしており、そのうち2人が病院に搬送され、1人が重症、1人が軽症で、いずれも意識はあるとのことです。

普段、この「堺化学工業湯本工場」に勤務していたのは18人ほどでしたが、関連業者なども出入りしていたという事です。

消防が消化活動を継続中

福島県いわき市化学工場火災現場はどこ?爆発の原因や被害状況についても!

画像引用元:NHKニュース

火災の現場となった「堺化学工業湯本工場」は、まだ消火活動が続いているようです。

化学工場の爆発で有毒ガスの発生なども気になるところです。

消火活動にあたる消防隊員の方や、近隣住民のへの二次被害も起こらないと良いですが…。

ーー警察によると、有害な物質が漏れたという情報はなく、避難の呼びかけなどはしていないという。
出典:福島中央テレビ

現在のところ、火災現場の工場から有害なガスなどは発生していないようです。

【追記】2021年5月11日にはまだ鎮火出来ず、5月12日午前6時より消火活動が再開している模様

周囲への被害も拡大せず、良かったです。

福島県いわき市工場爆発・火災に対しての周辺住民の声

福島県いわき市化学工場火災現場はどこ?爆発の原因や被害状況についても!

画像引用元:福島中央テレビ 爆発のためか、壁が吹き飛ばされている

近くに住んでいます。煙がすごいです
近辺の道路は消防車と救急車が行き交って、渋滞してます。

近隣周辺の方によると、周辺の道路は渋滞しており、煙もすごいそうです。

「ヘリがずっと上空を飛んでいる」という声も見られました。

「堺化学工業湯本工場」が爆発した原因は?

スポンサーリンク

火災の現場となった「堺化学工業湯本工場」は、塗料などに使われる化学製品を扱っているため、

爆発の原因は化学薬品へ引火した為

だと思われますが、詳しい原因については捜査中と言うことでまだ分かっていません。

今後原因究明が進み次第、情報を更新していきます。

福島県いわき市化学工場の爆発・火災に対するみんなの声

福島県いわき市の「堺化学工業湯本工場」爆発・火災事故に対するみんなの声を一部ご紹介していきます。

政府がこういう工場や製造業を支援しなくなって久しいが、耐久年数もたち老朽化も酷い。
そろそろアメリカと同じように公共投資で製造業のインフラを支援するべきでは?

設備の老朽化と、現業職への給料削減による現場力の低下が原因でしょう。
コストダウンして利益が増えたと資本家は喜んでいるが、国力にとっては何一つ良いことは起きていない。

ここ最近、工場の事故のニュースが多いという声が目立ちました。

と、同時に設備の老朽化に言及する声も…

コロナの影響でただでさえ経済への影響が心配されていますが、こういった工場の爆発による影響で、さらに深刻な状況にならないと良いです。

スポンサーリンク