日本学術会議とは?中国の軍事(千人計画)に協力していた?!ソースまとめ

菅総理大臣が日本学術会議の任命拒否を行って話題となっている日本学術会議

今回は日本学術会議について

日本学術会議とは?
中国の千人計画に協力していたというソースはあるの?

これらの疑問について調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

日本学術会議とは

そもそも今回の菅総理大臣の任命拒否で『日本学術会議』の存在を知った人も多いのではないでしょうか?

日本学術会議とは

日本の国立アカデミーであり、内閣府の特別の機関の一つである。日本の科学者の内外に対する代表機関であり、科学の向上発達を図り、行政、産業及び国民生活に科学を反映浸透させることを目的とする。
内閣総理大臣が所轄し、その経費は国の予算で負担されるが、活動は政府から独立して行われる。
「科学に関する重要事項を審議し、その実現を図ること」「科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させること」を職務としている。
参照:Wikipedia

活動費は国の予算(税金)で賄われているけれども、その活動内容については政府はノータッチというところでしょうか?

主に科学部門においての研究・発展を目指している組織という感じですかね。

主な職務内容は以下のとおりです。

・政府に対する政策提言
・国際的な活動
・科学者間ネットワークの構築
・科学の役割についての世論啓発
参照:日本学術会議公式HP

政府に対して政策の提言をしたり、国際的な学会に参加したりもあるようです。

学会員は210人で、その他に約2000人の連携会員が属しています。会員名簿には数々の大学の教授などが名を連ねています。

日本学術会議が中国の千人計画に協力していたソースは?

さて、この日本学術会議が中国の軍事計画でもある『千人計画』に協力していると話題になって物議を醸しています。

そのソースや、発言などをまとめていきます。

2017年3月には国基研企画委員の太田文雄氏によって、以下のような記事もあがっています。

新聞報道によれば、日本学術会議は大学などの軍事研究を禁じた過去の方針を継承する新たな声明案をまとめたようだ。3月13日付の「今週の直言」で筆者は弾道ミサイル防衛のためにはレーザーなど指向性エネルギー兵器の研究開発が必要であることを論じたが、日本の大学で行われているレーザー関連の研究学会には多くの中国人学者が参加している。そうした学者の研究成果は中国で明らかに軍事利用されている。学術会議は中国人民解放軍に協力しながら、母国の自衛隊に協力しないことで良いのか。
出典:【第428回】学術会議は中国に協力し自衛隊に協力しないのか

自民党衆議院議員の甘利明氏のブログにも学術会議が『千人計画』に加担しているとの記載があります。
こちらは無断転載禁止ということでしたので、下記のリンクより甘利氏のブログ記事に飛べます。
甘利氏のブログ記事はこちら

今後も追加されるようでしたら、順次アップしていきます。

スポンサーリンク

中国の千人計画って何?

そもそも中国の千人計画って何なんでしょうか?

簡単にまとめてみました。

千人計画とは別名海外ハイレベル人材招致計画と言われる、中華人民共和国国務院が科学研究、技術革新、起業家精神における国際的な専門家を認定し、採用するために2008年に策定した計画・制度である。
参照:Wikipedia

そもそも中国では、国内の優秀な人材が、海外の大学へ高度な研究のため留学した後に、在外中国人として海外に留まる事に頭を悩ませていました。
海外ではなく、国内に優秀な人材を置いておきたい中国政府が、中国の大学のレベルアップを図るために、世界最高レベルの大学の研究者や優秀な在外中国人を中国国内に招致する為に作った認定制度です。

しかしながら、この海外で高度な研究をした在外中国人研究者や、外国人研究者の誘致は、兵器にも応用可能な最先端技術を産業スパイとして盗む恐れがあるため、特にアメリカとは米中関係悪化への影響も出てきています。

今回、日本学術会議では、日本の軍事研究は禁止していながらも、中国の千人計画と共同研究などを行っているのではないかとの疑惑が出ている事から、物議を醸しています。

学術会議に対してのSNS等の反応まとめ

今回の菅総理大臣による学術会議の任命拒否のニュースを受けたSNSの様々な反応をまとめてみました。

任命拒否賛成派の意見

任命拒否反対派の意見

賛成派、反対派それぞれの意見が激しく飛び交っている印象です。

終着点がどのようになるのか気になりますね。

日本学術会議は中国の千人計画に協力していた?!ソースまとめ

今回は日本学術会議が中国の千人計画に協力していたソースやSNS等の反応についてまとめていきました。

まだまだ続報がどんどん出てきそうな感じですね。

今後一体どのような方向に行くのか、注目されますね!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です