【木村拓哉】THE SWARMの原作は『深海のYrr』あらすじや役柄・キャストまとめ

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

俳優でタレントの木村拓哉さんが、前編英語の海外ドラマ『THE SWARM』に出演することが発表されました。

『THE SWARM(ザ・スウォーム)』は同名の世界的ベストセラーが原作で、深海に潜む知的生物と人類の戦いを描くSFサスペンス物語になっています。

そこで今回は

  • 木村拓哉が出演する海外ドラマ『THE SWARM』の原作は何?
  • 木村拓哉が演じる役柄は?

以上のことについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

木村拓哉が海外ドラマ『THE SWARM(ザ・スウォーム)』に出演!

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:Twitter

木村拓哉さんが大型国際ドラマ『THE SWARM(ザ・スウォーム)』に出演することが明らかになりました。

ーー俳優の木村拓哉(48)が大型国際ドラマ「THE SWARM(ザ・スウォーム)」に出演する。海外制作ドラマへの参加は初めて。
ーー同名の世界的ベストセラーが原作で、深海に潜む知的生物と人類の戦いを描くSFサスペンス。
引用:Yahoo!ニュース

木村拓哉さんが出演する『THE SWARM』は前編英語で制作される予定で、木村拓哉さんも英語での演技に挑戦することになります。

木村拓哉さんは1999年の香港映画『2046』の出演をきっかけに英語の勉強を始めており、2009年公開のフランス映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」でその英語力を披露していました!

前編英語ということで

木村拓哉は英語喋れるの?

という声も聞こえていますが、ネイティヴにも通じるだけの英語力は備えているそうですので、今から楽しみですね!

『THE SWARM(ザ・スウォーム)』の原作は小説『深海のYrr(イール)』

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:Amazon.co.jp

今回木村拓哉さんの出演が決定した海外ドラマ『THE SWARM』の原作は

  • 深海のYrr(イール)

という、ドイツの作家フランク・シェッツィングによる、長編海洋冒険小説だと言われています。

『深海のYrr』のあらすじは?

長編海洋冒険小説としてベストセラーにもなった『深海のYrr』はどんなあらすじなのでしょうか?

ノルウェー海で発見された無数のゴカイが、海底でメタンハイドレートの層を掘り続けていることが海洋生物学者のヨハンソンより判明した。
カナダ西岸ではクジラ等の群れが船を襲い、クジラの研究者のアナワクが調査を始めた。同じころ、世界各地でも猛毒のクラゲやバクテリア(フィエステリア)が潜むロブスターが猛威をふるった。

ヨハンソンとゴカイの調査を続けるボアマンがゴカイによる大陸斜面の崩壊を危惧したが時すでに遅く、ヨーロッパ北部の都市は30mを超える大津波によって壊滅した。
ついにアメリカが立ち上がって世界中の科学者が女性司令官リーのもとに集められ、異常事態の原因の調査がはじまった。
その矢先、フィエステリアを搭載したカニがアメリカの都市を襲う。
引用:Wikipedia

原作小説『深海のYrr』は、環境問題に絡んだ長編SF作品になっています。

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:https://ameblo.jp/kobaz3/

物語は、海の事故が同時多発に起こるところから始まります。

それらの事故は、これまでの常識からは考えられないものばかりで、次第に人間の生活に影響を及ぼしていきます。

世界各国の科学者や生物学者達が原因究明を始めますが、その原因について説明できるものは誰一人出てきません。

世界中の科学者・生物学者が力を合わせて、人間や全ての生き物の未来のために戦っていくという、まるでハリウッド映画のような超大作のSF小説になっています。

木村拓哉の役柄は科学者のアイト・ミフネ

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:Yahoo!ニュース

木村拓哉さんの『THE SWARM』での役柄は一体どんなものなのでしょうか?

木村拓哉が演じる役柄は

  • ミフネ財団の『アイト・ミフネ』

木村拓哉さんが演じるのはどうやらオリジナルキャラクターのようです。

木村は人類の危機に立ち向かう科学者グループの一つを組成し、海洋問題に取り組む”ミフネ財団”の創設者で、自らそのチームを指揮するアイト・ミフネを演じる。
引用:https://dramanavi.net/

今回ドラマ化にするにあたり、2004年に執筆された『深海のYrr』の内容を現代にあわせて脚本を描き下ろしたそうです。

そうした中で、木村拓哉さん演じる『アイト・ミフネ』が新たに登場することになったのでしょう。

木村拓哉さんの演じる『アイト・ミフネ』は

  • 強く権威ある雰囲気
  • 際立った知性

を持つ人物で、木村拓哉さんが『アイト・ミフネ』役にうってつけだということで、制作陣側からオファーが届いたようです。

『アイト・ミフネ』はドラマのクライマックスで重要な役割を担うそうですが、一体どんな役になるのかがとても楽しみですね!

スポンサーリンク

『THE SWARM』のキャストは?

日本からは木村拓哉さんが参加することが発表された『THE SWARM』

その他のキャスティングも見ていきましょう!

THE SWARMのキャスト

  • セシル・ドゥ・フランス
  • アレクサンダー・カリム
  • レオニー・ベネシュ
  • バルバラ・スコヴァ

海外ドラマ『THE SWARM』のキャストには世界10カ国を超える国々から実力派俳優が名を連ねています。

キャスト①セシル・ドゥ・フランス

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:インスタグラム

まず一人目のキャストが、ベルギー出身の女優セシル・ドゥ・フランスです。

セシルは主にフランスの舞台や映画・テレビで活躍する女優です。

主な出演作は

  • スパニッシュ・アパートメント(2002)
  • ロシアン・ドールズ(2005)
  • ヒア・アフター(2010)

など、フランスだけでなく、ハリウッド映画にも出演している実力派女優です。

キャスト②アレクサンダー・カリム

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:Wikipedia

男性キャストとして出演が決定しているのが、アレクサンダー・カリムです。

カリムはスウェーデンの俳優兼作家で、テレビや映画で活躍しています。

主な出演作は

  • ラスト・リベンジ(2014)

で、ニコラス・ケイジと共演するなど活躍しています。

キャスト③レオニー・ベネシュ

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:Twitter

3人目のキャストとして、ドイツの女優・レオニー・ベネシュがいます。

主な出演作は

  • ザ・クラウン(2017~)
  • バビロン・ベルリン

などで、主にテレビドラマシリーズを中心に活躍しています。

キャスト④バルバラ・スコヴァ

木村拓哉|THE SWARMの原作は『深海のYrr』役柄は科学者のアイト・ミフネ

画像引用元:朝日新聞

そして4人目のキャストには、ドイツ・ブレーメン出身の女優バルバラ・スコヴァです。

主な出演作は

  • 12モンキーズ(2015~2018)
  • ベルリン・アレクサンダー広場(1980)

で、TVシリーズやドラマで活躍しています。

役柄で歴史上の人物(ローザ・ルクセンブルクやハンナ・アーレントなど)を演じることの多い女優でも知られています。

『THE SWARM』の放送は2022年でHuluで世界同時配信

気になるのは、木村拓哉さん出演の海外ドラマ『THE SWARM(ザ・スウォーム)』の放送時期です。

  • 放送は2022年
  • Huluで世界同時配信予定

海外ドラマ『THE SWARM』は2021年9月より、イタリアで撮影が始まります。

全8話を予定しており、ドラマの舞台はカナダやペルー、ノルウェー、その他様々な国や地域に及ぶそうです。

詳しい放送時期については撮影の進捗によって決まるものと思われますので、こちら分かり次第更新していきます!

木村拓哉の海外ドラマ出演に対するみんなの声


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です