【天外者(てんがらもん)】あらすじやキャストは?三浦春馬主演の映画

三浦春馬さんの未公開作品として、映画「天外者(てんがらもん)」があります。
こちらはすでに公開が決まっている新田真剣佑主演の「ブレイブ 群青戦記」や柳楽優弥主演の「太陽の子」とは違い、まだ公開日などは決まっていませんでしたが、ついに2020年12月11日(金)に公開される事が決定しました!

そこで、今回はこの「天外者(てんがらもん)」のあらすじやキャストについてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

三浦春馬主演の映画「天外者(てんがらもん)」のあらすじは?

三浦春馬さんが主演する映画「天外者(てんがらもん)」のあらすじについて調べました。

天外物ポスター

出典:五代友厚制作委員会より

映画製作プロジェクトの公式ページで以下のように紹介されています。

シナリオの目標は、友厚が徳川幕府末期に生まれたばかりの 列強八カ国の資本主義におされ、尊王攘夷と思想が混迷する中、 いかにして父からの儒教と、兄の武士道から昇華し、長崎の伝習所での 友との交友、上海への船の買い付け旅行、薩英戦争並びに英国生活を通じて、 世界の普遍性を体得するにいたったのかの人生のプロセスである。
出典:五代友厚プロジェクト

また公開日が決まり、映画の内容も見えてきました!

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける……。五代才助(のちの友厚・三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見すえる二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国か……。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる 国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志をともにするのであった。
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/920cb65aa3938259f1a9b0810ff3ab142fcfb7a7

「天外者(てんがらもん)」は、江戸時代後期から明治時代に活躍した薩摩藩士である五代友厚を主人公にしています。
ペリー来航に感銘を受けた五代は次第に開国への想いが強くなり、混沌とする幕末から明治にかけて駆け抜けていきます。
新しい日本を創るために坂本龍馬や岩崎弥太郎、伊藤博文らと奮闘していく様を描いた幕末の青春群像劇になります。

また映画のキャッチコピーは「時代を超え、志は未来に生き続ける―」とあります。これはもちろん五代友厚の事を指しているのですが、三浦春馬さんの事も指している気がしますね。

三浦春馬さん亡き後、一度は暗礁に乗り上げた映画公開も、この映画に携わるスタッフ・キャストの人達の「五代友厚の想いを・・・三浦春馬さんの想いを、後世にも伝えたい!!」という熱い気持ちを感じられます。

三浦春馬主演の映画「天外者(てんがらもん)」のキャストは?

映画「天外者(てんがらもん)」のキャストはこちらです。

五代友厚役:三浦春馬

坂本龍馬役:三浦翔平

岩崎弥太郎:西川貴教

伊藤博文:森永悠希

遊女はる:森川葵

妻・豊子:蓮佛美沙子

五代友厚キャスト

出典:五代友厚制作委員会より

西川貴教さんは三浦さんの訃報を受けて、ツイートをしていたことで、映画で共演している事実がわかりましたね。

一時期は坂本龍馬役では?と噂されていましたが、岩崎弥太郎役だったんですね!

また、この映画には三浦春馬さん演じる五代友厚以外にも幕末に活躍した偉人たちが出てくるようで、坂本龍馬役で三浦翔平さんも出演しており、コメントが寄せられていました。

「クランクイン前には、春馬と何度も読み合わせをして、才助(五代友厚)、利助(伊藤博文)、弥太郎(岩崎弥太郎)との関係性を築きあげ、自分なりの新しい豪快な龍馬を思いっきり演じることができました」
「天国で五代さんと一緒に観てくれることを願います」
出典:https://www.cinra.net/news/20200924-tengaramon

公開にあたって、三浦翔平さん以外の共演者からもコメントが寄せられています。詳しくはこちら

主演である三浦春馬さんがお亡くなりになったことは大変悔やまれますが、それでもこうして三浦さんの功績が公開されることになって嬉しいですよね。キャストも豪華で楽しみな方も多くいそうです。

主な登場人物

五代友厚以外の主な登場人物を紹介していきます。

  • 豊子:五代友厚の妻で、五代の死後、残された当時100万もの借金返済に苦しめられる。
  • 坂本龍馬:長崎で五代と出会い、海外貿易などの夢を語り合い竹馬の友となる。
  • 岩崎弥太郎:五代とはお金に関する考え方で衝突。
  • 伊藤博文:岩崎、坂本の遊び仲間で、五代とは長崎時代に知り合う。
  • 西郷隆盛:五代とは対立するも、実はお互いに認め合う仲だった。
  • 勝海舟:長崎の幕府海軍伝習所での五代の教官。
  • 島津斉彬:五代の素質を幼少期から認めて、留学や買付けを命じる。
  • 島津久光:五代の良き理解者として協力する。
  • はる:遊女である。遊女としてではない自由な未来を夢見ており、五代はその思いに感銘を受ける。

特に気になるのがヒロインでもある遊女・はる役の森川葵と、五代の妻・豊子役の蓮佛美沙子ですね!

五代友厚の業績は妻・豊子の内助の功によるところが大きかったため、映画でも重要な役割を果たしてくると思います。

また遊女のはると五代友厚が出会う事で、のちの五代友厚に影響を与えます!

友厚と出会う遊女。自由な未来を夢見ている。友厚は彼女との出会いにより、誰もが夢見ることのできる国をつくることを明友たちと共に志す。
出典:五代友厚製作委員会より

これは2人のヒロインがどんな活躍を見せてくれるか楽しみですね!

三浦春馬主演の映画「天外者(てんがらもん)」の監督は?

映画「天外者(てんがらもん)」の監督は田中光敏監督です。

田中光敏

出典:https://wbs.co.jp/news/

田中光敏監督は映画「化粧師-kewaishi」でデビューし、4作目にあたる「利休にたずねよ」でモントリオール世界映画祭のワールドコンペ部門において最優秀芸術貢献賞を受賞したことが記憶に新しいです。

また最新作の「海難1890」では第39回日本アカデミー賞で優秀監督賞をはじめ、優秀作品賞等の10部門で日本アカデミー優秀賞受賞しています。

時代劇を得意としており、また、歴史的主要人物ではなくそれ以外の人物にスポットを当てた新しい時代劇映画作品でも高い評価を得ているということで、今回の「天外者(てんがらもん)」でも、その手腕を発揮していそうですね!

田中光敏監督のブログでは2020年2月11日に「天外者(てんがらもん)」のダビング作業に入ったことが報告されています。

三浦春馬が演じた「五代友厚(ごだいともあつ)」とは?

五代友厚

五代友厚は薩摩藩で生まれ、14歳の時に父親から世界地図の複写を命じられたことがきっかけで、世界地図に興味を持ちました。

そしてその後に浦賀港に来航したペリーのニュースに奮い立ち、次第に開国論者の立場に立つようになります。

1865年に薩摩藩遣英使節団としてイギリスに出発。この時の経験がのちの五代の経営手腕に大きな影響を与えました。

1868年、明治新政府の発足に伴って、参与職外国事務掛に任じられ、数々の外交処理をすると同時に大阪に大阪造幣局を誘致し、初代大阪税関長となり、大阪税関史の幕を開けたことでも知られています。

五代友厚はこれ以外にも、大阪証券取引所や大阪商工会議所、南海電鉄、大阪市立大学、住友金属工業、商船三井、日本郵船などの設立にも大きく関わっており、明治維新、近代日本の発展にとても影響を与えた人物だったそうです。

そんな五代友厚の人生を描いた映画「天外者(てんがらもん)」、どんなものなのかとても気になりますね!

「天外者(てんがらもん)」のあらすじやキャストは?三浦春馬の未公開映画まとめ

今回は三浦春馬さんが主演を務めた映画「天外者(てんがらもん)」のあらすじやキャストについてご紹介しました。

公開日は2020年12月11日(金)に決定しました!公開を望む声も多く出ていましたので、嬉しいですね!!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です