次期総理は菅義偉官房長官で決まり?石破氏が出馬表明!勝ち目は?

2020年8月28日に安倍総理大臣が潰瘍性大腸炎のため、首相を辞任すると表明しましたね。

これによって歴代最長内閣と言われて間もない安倍内閣がなくなることになり、次期総理大臣は一体誰になるのか日本中が注目しています。

そんな中、すでに次期総理大臣は、2020年8月30日に出馬意向を示した菅義偉現官房長官で決まりではないかと話題になっています!

二階派、麻生派に続いて最大派の細田派まで菅支持か
細田派と麻生派が菅氏支持。次期首相は菅官房長官で決まりだな。

もう菅さんで決まりでは?根回しが凄い。元々の人望なんだろうか。

細田派がさん支持に回るならほぼ決まりかな?

菅官房長官が出馬意向を表明してからわずか1日でこの状態なのはすごいですね!

今回はなぜ、菅義偉官房長官が次期総理大臣に決まりと話題なのか、そして総裁選に出馬意向を表明した石破氏に勝ち目はあるのか調べてみました!

スポンサーリンク

次期総理は菅義偉官房長官で決まり?

出馬表明からわずか1日で、すでに次期総理大臣は菅官房長官に決まりだと、なぜ話題になっているのでしょうか?

そこにはどうやら自民党内の主要派閥が菅氏を支持する意向で、すでに国会議員票での争いに優位とする味方が多いためです。

総裁選の方法は?

今回の総裁選では国会議員投票と党員投票という言葉をよく見かけますよね。

この2つの投票ってどう違うんでしょうか?筆者もよく分かりませんでしたので、調べてみました。

選び方は2通りある。通常は党所属の国会議員と、全国にいる党員・党友による投票になる。ただし、任期途中の退陣など「緊急」の時は党大会に代わる両院議員総会で後任を決めることができる。今回は緊急のためこのやり方を視野に入れて調整する。
両院議員総会の場合、党所属の国会議員394人(衆参両院の議長を除く)と47都道府県連の代表各3人が投票をする。国会議員票394票と地方票141票の合わせて535票で争われる
両院総会方式で総裁を選んだ例としては1998年の小渕恵三氏や2001年の小泉純一郎氏、07年の福田康夫氏や08年の麻生太郎氏などがある。
出典:日本経済新聞

つまり今回は安倍総理大臣が任期1年を残したまま退くため、今回は通常通り(党員投票)とはいかずに、「特に緊急を要する場合」にみなされるため、両院議員総会で決めることができる(議員投票)という考えです。これが今回の総裁選の方法という見方が圧倒的です。

議員投票で過半数を超えれば当選確実

今回の総裁選の方法は、現時点では議員投票との見方が多く、であれば、過半数の268票を獲得すれば当選が確実となります。

菅官房長官が出馬を表明してからすでに、自民党内の主要派閥である二階派、麻生派、細川派が支持を表明しており、すでに約200人もの票が確定しているようです。

過半数までは残り約70人の票を獲得する必要がありますが、すでに菅氏が優勢とのニュースも流れ始めました。

安倍首相の後継を選ぶ自民党総裁選で、菅官房長官が各派閥に支持を広げ、優位に立っている。31日には細田、麻生両派が支持する方針を決めるなど、国会議員票の約6割を固めた。総裁選は9月8日告示、14日投開票の日程となる見通し。
竹下派でも「菅氏を支援すべきだ」との声が強まっている。石原派も菅氏を支持する方針だ。二階派はすでに支持を決めている。
出典:読売新聞

石破氏が出馬表明!勝ち目は?

すでに菅官房長官が次期総理に決まりとの話題ですが、石破元幹事長も立候補を表明しました!

自民党の石破茂元幹事長は31日、総裁選に立候補する方針を固めた。自ら率いる石破派が1日午後に開く会合で意見を聞いたうえで、正式に立候補を表明する。複数の派閥幹部が明らかにした。
出典:朝日新聞

気になるのは石破氏に勝ち目があるかどうかですよね。

皆さんの意見をまとめてみました!

権力闘争となると自民党は容赦ないな。緊急性を大義名分に両院議員総会で総裁選。地方票に強い石破はこれだけでも勝ち目がないのに冷飯喰らいの少数派閥に手を突っ込んで推薦人20人すら集めさせない徹底ぶり。まずは石破排除で一致ってわけね。

こうなってくると、党員投票が行われなければ、石破勝ち目は0、空気岸田は居たんですか…?という雰囲気になりますね。

石破氏…党員選挙なしになって勝ち目はなくなったけど選択肢を示すために出馬を表明(これ自体は立派だと思う)

石破氏の出馬表明直後にも関わらず、今回の総裁選の方法が党員投票ではなく、議員投票のため、すでに石破氏には勝ち目はないのではないかとの意見が多く見られますね。

やはり、次期総理大臣は菅義偉官房長官で決まりとの見方が優勢のようです。

次期総理は菅義偉官房長官で決まり?石破氏が出馬表明!勝ち目は?まとめ

今回は気になる次期総理大臣が菅氏に決まりかどうか、について調べてみました。

・自民党内の主要派閥が続々と菅氏の支持を表明している。
・総裁選の方法である、議員投票の過半数近くが菅氏の支持を表明
・石破氏は出馬表明するも、党員投票ではないため勝ち目は低いとの見方。

今回の総裁選はその方法である議員投票か、党員投票によるところが大きく道を分けている印象ですね!

9月中旬頃に総裁選が行われるそうですが、それまでにどんな動きがあるのか目が離せませんね!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です