坂出沖でクルーズ船沈没の事故現場はどこ?原因は座礁か漂流物のどっち?

2020年11月19日に、香川県坂出市沖の瀬戸内海で、小学生を乗せたクルーズ船が沈没する事故が起きました。その原因は座礁や漂流物と言われていますが…

穏やかなイメージの瀬戸内海ですが、どこで何が原因で沈没事故があったんでしょうか?

そこで今回は、

・坂出沖でクルーズ船が沈没した事故現場はどこ?

・クルーズ船が沈没した原因は?座礁と漂流物のどちらなのか?

以上のことについて、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

香川県坂出沖の瀬戸内海で小学生を乗せたクルーズ船が沈没する事故

穏やかな海域として知られる瀬戸内海での沈没事故、しかも修学旅行中の小学生が乗客という事で、速報にはとても驚き、安否が気になりました。

19日夕方、香川県坂出市沖で船が漂流物に衝突して浸水しているという通報があり、修学旅行中の小学生や教員ら合わせて62人が救助されました。
出典:NHKニュース

事故に遭った児童達は、11月18日から1泊2日で香川県内を巡っており、19日午後3時頃には高松港を出発。午後5時頃まで坂出沖をクルージングする予定だったそうです。

坂出クルーズ船事故

出典:朝日新聞

乗船していたうち、バスガイド、児童2人の計3人が、低体温症を訴え、病院に搬送されましたが、搬送された児童を含む小学生全員が無事帰宅できたそうです。

事故現場で救助を待つ小学生たちの写真を見ただけで、この後救助されたと分かっていても、とても心配になってしまいますね。本当に何よりも死者が出ずに済んでホッと一安心です。

坂出沖でクルーズ船が沈没した事故現場は与島の北側で岩黒島との間

坂出沖でクルーズ船が沈没した事故現場は、香川県坂出市与島の北側付近です。海上の上部にはちょうど瀬戸大橋がかかっています。

坂出クルーズ船沈没事故現場

出典:朝日新聞

事故現場は瀬戸大橋の与島パーキングエリアの北側で、岩黒島と与島の間で起こったようです。

こちらは瀬戸大橋から事故現場付近を向いたストリートビューです。事故現場はこの下付近です。

事故現場は与島パーキングエリアの近くだったため、救助後、児童達は与島からバスに乗って坂出市内へ戻ったそうです。

瀬戸内海

事故現場付近:普段の瀬戸内海はとても穏やか 出典:朝日新聞

沈没した際には現場付近を航行中の船も救助にあたり、また坂出と高松の海上保安庁も近かった事、事故当日が11月ながらも夏日の気温で暖かかったのも不幸中の幸いですね。

本当に全員が無事で良かったです!

スポンサーリンク

坂出沖でクルーズ船沈没の原因は座礁か漂流物のどっち?

速報では、クルーズ船が座礁により沈没したとの事でしたが、その後、漂流物が衝突したとの続報がありましたが、一体原因はどちらなのでしょうか?

沈没した船からは『漂流物に衝突した』との通報があった

沈没した船からの通報では『漂流物に衝突した』との事でしたので、おそらく漂流物が原因ではないかと思われます。

ただ、事故があった海域、与島の北側には暗岩(海面下スレスレに隠れる岩)があるとの情報もあるので、事故発覚当初の見解として、座礁の可能性も否定できなかったのかもしれませんね。

今後、詳しい事故原因の究明が行われるでしょうから、座礁が原因なのか、漂流物が原因なのか明らかになると思います。

続報が分かり次第追記します!

坂出沖でクルーズ船沈没の事故現場は?原因は座礁か漂流物のどっち? まとめ

今回は香川県坂出市の坂出沖で起こったクルーズ船の沈没事故について、事故現場はどこなのか?沈没の原因は座礁と漂流物のどちらが原因なのかについて調べていきました。

・事故現場は香川県坂出市の与島の北側で、与島と岩黒島との間

・事故現場の海上の上には瀬戸大橋がかかっている。

・通報では『漂流物と衝突した』とあったが、現場付近は暗岩があるとの情報もあり、座礁の可能性も

以上のことが分かりました。

小学生の一大イベントとも言える修学旅行で、まさかの事故に巻き込まれてしまい、児童達にとっては辛い出来事ですよね。

ただ、死者が一人も出なかったことが唯一の救いです。

今後、こういった事故を起こさないためにも、しっかりと原因究明をして欲しいですね!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です