平将明氏のプロフィールや経歴・家族は?石破氏の広報戦略担当であつ森を活用

2020年9月6日に総裁選に出馬する石破茂元幹事長の陣営が、大人気ゲーム「あつまれどうぶつの森(あつ森)」を選挙活動に活用すると発表して物議を醸しています。

今回は、この石破氏の広報戦略を担当する平将明衆院議員の経歴やプロフィールについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

石破茂元幹事長の陣営が「あつ森」を選挙運動に活用すると発表!

総裁選まで約10日ほどとなった2020年9月6日、石破茂元幹事長の陣営から「あつ森」を活用するとの発表がなされました。

しかしながら、TwitterなどのSNS上では、この石破陣営の政治的活用は任天堂の利用規約違反に当たるのではないかとの意見が多く挙がっています。

石破陣営としては街頭演説が見送られる中、党員との交流を図るための画期的な方策だったのかもしれませんが、早くも裏目に出てしまっているのではないかと心配になってしまいますね。

広報戦略を担当する平将明衆院議員は「政治に接したことのない人も総裁候補と直接話をできる。政治に興味を持っていない人に興味を持ってもらえれば」と語った。あつ森は海外でもヒットし、米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領陣営も選挙運動に使っている。
参照:産経新聞ニュース

アメリカの大統領選でも民主党候補のバイデン氏の陣営がすでに活用しているという前例もありましたので、大丈夫と思ったのかも分かりませんね。

しかしながら、活用の発表から一転、2020年9月6日の夕方には、石破氏陣営から、規約違反の恐れがないか確認のため、一旦計画を停止すると発表されました。

平将明氏のプロフィール【石破氏の広報戦略を担当】

石破陣営の広報戦略担当である平将明氏のプロフィールについてまとめました。

名 前:平将明(たいらまさあき)
誕生日:1967年2月21日
年 齢:53歳(2020年9月現在)
出身地:東京都
出身校:早稲田実業学校中等部・高等部、早稲田大学法学部
バドミントン部所属
初当選:2005年9月第44回衆議院議員総選挙(東京4区)

好 物:ラーメン

中学~大学までバトミントン部

中学時代から始めたバトミントンでは、高校時代には部長を務めていました。
大学時代に共立薬科大学バドミントン部でコーチをもしていたそうです。

実家は大田青果市場の仲卸『山邦』

実家は大田青果市場の仲卸『山邦』を祖父の代から営んでおり、大学卒業後に2年ほど不動産業界で働き、父の病気をきっかけに平将明氏は家業の『山邦』に入社。
入社から5年後の1996年に同社の3代目社長に就任し、社団法人東京青年会議所(東京JC)に入会しています。

家族は息子1人、娘1人の4人家族

ちょうど家業を引き継いだ頃、大学1年生の時に出会い、2年生の頃から付き合っていた女性と25歳で結婚(1992年頃)

そして第一子に長男、第二子に長女と男女それぞれ1人ずつの子供がいるようです。

2005年、平氏が初めての選挙戦に挑んだ頃に息子さんが小6、娘さんが小3とのインタビュー記事がありましたので、2020年現在は息子さんが27歳、娘さんが24歳と推測できます。

しかし、そのたった2週間後に、自民党本部から家に電話し「衆議院選挙に出るかもしれない」と妻に伝えることになるんです。妻は呆れ返ってました。「何を言ってるの?」と。でもその時、たまたま隣の部屋で受験勉強していた小6の長男が、妻に「ママ、しょうがないじゃないか、国のためだろ。」と言ってくれたんです。ー後から帰ってきた小3の長女は、すぐさま「絶対、ダメ」「いくらかかるの?」と反対したようで、順番が逆だったら私はこの選挙に出馬できなかったかもしれません。この時は、息子が本当にいい仕事をしてくれました。(笑)
出典:another life

平将明氏の写真です。安倍総理と笑顔の2ショットですね。意外と身長が高そうですね。
調べてみたら、安倍総理の身長が175cmで、平将明氏の身長は180cmとのことです。

平将明氏の経歴プロフィール石破陣営の広報担当であつ森を活用

ラーメンが好物ですが、「なか卯」にも頻繁に通っているそうで、同僚から「平の食生活はラーメンと‘なか卯’しかないのか?」と指摘されるほどだそうです。

そして河野太郎氏からは「なか卯に行った時は、平将明氏にTwitterで報告する事になっている」と言われるほど(ただし真偽不明)だそうです。

またエヴァンゲリオンやガンダムが好きだと公言しているようです。

平氏は写真の笑顔や、同僚の議員さんなどの話から、なんだか気さくな感じがしますね!

平将明氏の経歴は?【石破氏の広報戦略を担当】

平将明氏の政治経歴についてまとめてみました。

平氏は家業である『山邦』の3代目社長に就任と同時に東京JCに入会したのち、精力的に活動しています。

東京JC大田区委員長、東京JC副理事長、東京JC理事長と着々と経歴を重ね、2005年にはついに43倍の公募競争を経て、自民党公認候補となり、衆議院議員選挙に出馬。
約12万票を獲得して見事初当選を果たしました。

その後は安倍内閣でおもに内閣府副大臣として活躍しています。

  • 第二次安倍内閣で経済産業大臣政務官・内閣府大臣政務官に就任(2012)
  • 自民党副幹事長・情報調査局長に就任(2013)
  • 第二次安倍改造内閣・第三次安倍内閣で内閣府副大臣(地方創生、国家戦略特別区域、クールジャパン戦略など)に就任(2014~2015)
  • 第四次安倍第二次改造内閣で内閣府副大臣(防災、行政改革、IT政策、クールジャパン戦略、宇宙政策など担当)に就任(2019~)

また平将明氏は水月会(石破派)の広報委員長として、国会議員としては初の『石破茂のLINEスタンプ』の作成・企画を担当していました。

平将明石破陣営の広報担当あつ森を活用

石破氏のLINEスタンプ

また最近では政府広報として、接触確認アプリ「COCOA]などが知られています。

国民がもっと政治が身近に感じられるよう、LINEスタンプを販売したり、コロナ禍の中、政府が尽力した接触確認アプリの周知に務めるなど、広報担当として、活躍していることがよく分かりましたね。

平将明氏のプロフィール経歴は?石破氏の広報戦略担当であつ森を活用 まとめ

今回は石破陣営の広報戦略担当である平将明氏のプロフィールや経歴についてまとめてみました!

安倍内閣で広報担当として活躍している実績から、今回の総裁選ではあつ森を活用する事に目を付けたと思われますね。
ゲームの中で党員らと交流を図るという方法はとても画期的だなと思いましたが、規約違反だとの声も多く挙がっており、計画も一旦停止すると発表されました。

今後のどういった対応になるのか動向が気になりますね!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です