上木健司、梶田純之介、塚本颯斗の経歴まとめ【頭脳王2020】

上木健司、梶田純之介、塚本颯斗の経歴まとめ【頭脳王2020】

2020年2月14日、夜9時から日本テレビにて『頭脳王2020』が放送されます。

その中でも、注目したいのが初出場の上木健司さん、梶田純之介さん、塚本颯斗さんです。

いったいどんな経歴の持ち主なのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

『頭脳王2020』2月14日放送!

『頭脳王2020』2月14日放送!

まず始めに、『頭脳王』の番組の内容について紹介していきます。

この番組は、日本で最も優れた頭脳の持ち主を決める大会です。

様々な角度から、頭脳を試す問題が出題され、最後の最後まで残った一人に『頭脳王』という称号が与えられます。

出場資格は、現在日本に住んでいる高校生以上の男女ということでエントリーも多く、一次予選は番組のホームページにて、問題に答えるといった形をとっています。

歴代『頭脳王』はこの人!

2011年に第1回が放送され、今回で8回目を迎える『頭脳王』。ここで、歴代『頭脳王』を紹介していきます。

第1回 「東大医学部の天才」 亀谷 航平

第2回 「東大医学部の天才」 亀谷 航平

第3回 「東大医学部の異端児」 水上 颯

第4回 「東大医学部の異端児」 水上 颯

第5回 「京大医学部の天才」 井上 良

第6回 「東大医学部の神脳」 河野 玄斗

第7回 「東大医学部の神脳」 河野 玄斗

東京大学と京都大学の医学部の戦いみたいになっていますね。

初出場の上木健司、梶田純之介、塚本颯斗の経歴まとめ

『頭脳王2020』。今回の出場者は、全部で8名。放送前日の午後10時時点で出場が確定しているのは、6名です。

「東大医学部の神脳」 河野 玄斗

「京大医学部の賢者」 木戸 直人

「東大の謎解き名人」 松丸 亮吾

「京大経済学部首席」 上木 健司

「東大文学部の語学王」 梶田 純之介

「東大文系 博識の哲人」 塚本 颯斗

現時点で分かっている、今回初出場は上木健司さん、梶田純之介さん、塚本颯斗さんの3名です。

「京大経済学部首席」上木健司

「京大経済学部首席」上木健司

名 前:上木 健司

出身地:京都府

大 学:京都大学 経済学部

洛南高校(偏差値70超)を卒業後、京都大学に首席で入学。

京大クイズ研究会「Mutius」というサークルに所属しています。公認会計士の資格も持っているようです。

「東大文学部の語学王」梶田純之介

「東大文学部の語学王」梶田純之介

名 前:梶田 純之介

出身地:不明

大 学:東京大学 文学部

開成高校(偏差値78)卒業後、推薦入試で東京大学に合格。中高時代に、40か国語を独学で習得。

高校3年時、国際言語学オリンピックに出場しています。

「東大文系 博識の哲人」塚本颯斗

「東大文系 博識の哲人」塚本颯斗

名 前:塚本 颯斗

出身地:神奈川県横浜市青葉区

大 学:東京大学 文科三類

神奈川県立横浜翠嵐高校(偏差値75)を卒業後、東京大学文科三類に現役で合格。

2017年に放送された「高校生クイズ」に出場し、準決勝まで進みました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2020年2月14日に日本テレビで放送される『頭脳王2020』から、初出場の上木健司さん、梶田純之介さん、塚本颯斗さんの経歴をまとめて紹介させていただきました。

初出場の3人は、いったいどんな活躍をされるのでしょうか。今から楽しみですね。

それでは、この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です