渡辺直美のクローネ役の画像まとめ!そっくりすぎる!【約束のネバーランド】

渡辺直美のクローネ役の画像まとめ!そっくりすぎる!【約束のネバーランド】

実写映画化で話題となっている『約束のネバーランド』。2020年12月18日に公開ですね。

キャストが次々に決まっていますが、その中でも、原作キャラと似てると話題の『クローネ役』渡辺直美さん。

今回は、そっくりすぎる画像をまとめてみました!

スポンサーリンク

渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!画像まとめ

週刊少年ジャンプで大人気連載中の『約束のネバーランド』。

実写映画化が決まり、次々とキャストが発表されていますね。

今回は、その中でもそっくりすぎると話題の渡辺直美さんの「クローネ」!画像をまとめてみました。

渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!画像まとめ 渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!画像まとめ 渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!画像まとめ 渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!画像まとめ 渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!画像まとめ

並べてみると、本当にそっくりですね!!

渡辺直美さんのコメント

ここで、渡辺直美さんのコメント全文を紹介します。

クローネ役の渡辺直美です。あの表情や感情が豊かなクローネを実写でしっかり表現出来る様に、監督と相談しながら全力でチャレンジしました!そんな激しいクローネに現場の小さな子供たちは軽く引いてましたが…(笑)。原作は画が可愛いのに衝撃的な展開が続く物語でどんどん引き込まれていく大好きな作品です。北川さん演じるイザベラと一緒に、子供たちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います。私が演じるクローネ役、どうぞご期待下さい!

「渡辺直美のクローネ役」ネットの反応は?

「渡辺直美のクローネ役」ネットの反応は?

ネット上での、渡辺直美さんのクローネ役への反応はどうでしょうか。

正直渡辺直美クローネは「日本人でキャスティングするならこうだな」って感じがある

約ネバの実写に少し抵抗あったんだけどクローネ役が渡辺直美って聞いてちょっと見たくなったw

約束のネバーランド実写絶対見ないって思ってたけど渡辺直美さんのクローネはまり役すぎて見ようと思ったから公式はずるい

約ネバ実写、正直興味なかったのに、シスタークローネ渡辺直美というだけで、見たくなってしまったので、クローネは漫画でも実写でも救世主なのでは?

シスタークローネにめちゃくちゃ 合った配役だと思うけど 見た目に反するあの俊敏さ等を 渡辺直美でどう表現するのか めちゃくちゃ楽しみww

渡辺直美クローネ役なのは納得いく

約ネバの実写発表聞いた時 まじでイラついてた だけどクローネ役が 渡辺直美がやるとなると 見たくなるねっ

ネット上では、渡辺直美さんのクローネ役に対し、賞賛の声が多かったです。

原作ファンは、実写化に対し、マイナスなイメージが多かったようですが、この配役によって「見てみたくなった!」と思う人が続出しているようです。

『約束のネバーランド』実写映画化!あらすじをおさらい

『約束のネバーランド』実写映画化!あらすじをおさらい

 

2016年8月から、週刊少年ジャンプで連載が始まり、2019年にはテレビアニメ化され放送された『約束のネバーランド』。

2020年12月18日には、実写映画化されます。この、『約束のネバーランド』という作品は、

孤児院で幸せに育てられていた子どもたちは、実は食用児として鬼に献上するために飼育されていた

という、衝撃的な導入で始まり‟異色”の脱獄サスペンスと称されています。

この作品は、以下の国内の漫画賞を受賞しています。

このマンガがすごい!2018オコトコ編1位

第63回小学館漫画賞(少年向け部門)

マンガ新聞大賞2017

また、海外でも数多くの漫画賞を受賞しています。これまでにない、ジャンプ作品のイメージを覆した、少年少女たちが圧倒的な逆行を乗り越えようとする姿が、全世界の読者の心を掴んでいます。

あらすじ

幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院「グレイスーフィールドハウス」。そこで暮らす孤児たちは、母親代わりでみんなから‟ママ”と呼ばれているイザベラのもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。エマ、レイ、ノーマンの3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた、‟その日”が来るまでは…。

里親が見つかり、孤児院を笑顔で後にするコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が肌身離さず抱きしめていた人形が、食道に落ちているのを偶然見つける。忘れ物の人形を届けるため、決して近づいてはいけないとママから教わっていた「門」に向かった2人がそこで目にしたのは、無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿だった。

そう、みんなが「楽園だと信じていた孤児院」は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、さらには母親のように慕っていたママは「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。すべてが偽りだったと気がついた3人は、孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる…。

出典:映画『約束のネバーランド』公式サイト

キャスト

エマ:浜辺美波

レイ:城桧吏

ノーマン:板垣李光人

イザベラ:北川景子

クローネ:渡辺直美

スポンサーリンク

渡辺直美のクローネ役がそっくりすぎる!まとめ

今回は、実写映画化される『約束のネバーランド』の、「クローネ役」渡辺直美さんに注目してみました。

原作のクローネと、渡辺直美さんがそっくりでビックリしましたね。

このキャスティングを考えた方、本当にすごいと思います。映画が楽しみになりますよね。

それでは、この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です